カノンズ・ファクトリー
UPSOLD.COMでオリジナルグッズを販売中。  金は無いけど 光井愛佳を応援します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
002すべての始まり2
敵巡洋艦発見とほぼ同時に警報が鳴った。
・ヤベッチ「何や、何の警報や?」
・オペレータ「侵入者です。LB4ハッチが外から開けられたようです」
・ヤベッチ「担当者を呼び出せ」
・オペレータ「応答ありません」
・ヤベッチ「緊急事態コードAや。敵艦は?」
・オペレータ「モモコスキー粒子の濃度は濃いですが、敵艦、動きはありません」
・ヤベッチ「全員ノーマルスーツ着用させろ」

警報が鳴った時、既に多くの警備兵がやられてしまっていた。
敵の特殊部隊によるものだ。
突然戦場と化した艦内、女性士官候補生の多くがパニクってしまう中、
最終試験まで勝ち残ったが落ちてしまった五名だけが単独行動をとっていた。

・アヤ「ねえ、どうする気?」
・ユーコ「敵の狙いは新型やで。先回りして待ち伏せすんねん」
・カオリン「だいじょうぶなの?」
・アスカ「ひょっとしたら新型に乗れるチャンスかも」
・ナッチ「えぇーっ!!じゃあ行こうよ」

普段は使わない点検用通路を通って格納庫へ入ってみると・・・

・ナッチ「さっきと違うね」
・アスカ「誰もいないみたい」
・ユーコ「ほほー。ちょうど五機あるし、一人一機づつ乗れるで」

言うが早いか、パイロットの資格も無いのに新型モバイルスーツを動かし始めたユーコ。
・ユーコ「ちゃんとエネルギー充填されてるわ。使えるでー。みんなも早よ乗りー」

・カオリン「ユウちゃん、いいの? 勝手に動かして」
・ユーコ「緊急避難ちゅうやつや。それに、こっちの方がノーマルスーツより安全やで」

他の四人も乗り込んだ。

・ナッチ「いやー、新品だねー。ぴっかぴかだよ」
・アヤ「これは演習じゃないんだよ」
・アスカ「油断せずに、いきましょう」

そうこうしているうちに通路の扉の鍵が爆破された。
・ユーコ「来るでー」

   つづく
スポンサーサイト

テーマ:連載小説 - ジャンル:小説・文学

001すべての始まり1
宇宙世紀0097 開戦からしばらく経った頃

ゼティーマ軍の女性士官候補生たちを同乗させた宇宙輸送艦があった。
ヤベッチ大佐率いるTKYO_12型アサヤンである。
彼女達はモバイルスーツ・パイロット、
いわばエリート女性兵士になる試験を受けに集まったのだ。
過酷な試験は終わり、
完成したばかりの新型モバイルスーツの輸送に相乗りし、帰路につく彼女達。


・ユーコ「その新型っての、ちょっと見せてもらう訳にはいきませんかね」
・兵A「だめだ」
・ユーコ「ちょっとでいいんですけど」
・兵A「逮捕するぞ」
・ユーコ「はぁい、わかりましたぁ(このドケチ)」


・ナッチ「だから無理だって言ったべさ」
・ユーコ「土産話のひとつにでもと思ったけど、まあええわ」
・ナッチ「試験に落ちたから、また普通の生活だもんね」
・ユーコ「ほんま、しょーもないわ」

合格者(ミチヨ・ヘーケ1名)以外は普通の兵士となるはずであったが、
事件は起こった。
・オペレータ「敵巡洋艦クラス1隻、距離1500。距離を保ったまま付いて来ます」
・ヤベッチ「何や。何する気ぃーや」

    つづく

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

プロローグ
人類が
増え過ぎたハロプロメンバー
宇宙に移民させる様になって、

既に半世紀が過ぎていた。


地球の周りの巨大な人工都市は
人類の第二の故郷となり、

人々はそこで子を生み、

育て、

そして死んでいった。


ハロモビ001
(ゼティーマ公国軍・宇宙巡洋艦ストベリ級)



宇宙世紀0097/04/27
地球から最も遠い宇宙都市シャラン9
ゼティーマ公国を名乗り、

地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。

この一ヶ月余りの戦いで
ゼティーマ公国と連邦は
総人口の半分を死に至らしめた。


人々は自らの行為に恐怖した。


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 カノンズ・ファクトリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。